淀川花火大会の常連がオススメする穴場情報2017!in海老江

今年の淀川花火をいつも以上に楽しめるように、
今日、ご紹介する穴場情報は【海老江】です!!

海老江の淀川河川公園をたっぷりとお伝えします☆

海老江は、私はあまり普段降りない駅だったので、こんな場所があるんやなーと初めて知りました。
では、一緒に見ていきましょう!!

 

スポンサードリンク




◇淀川河川公園 海老江地区

JR海老江駅、阪神野田駅、地下鉄野田阪神駅からそれぞれ徒歩10分くらい。
淀川河川公園は大阪城公園の1.9倍もの広さのある公園です。
すごい広さですよね!!

ここは、野球場が4面、少年野球場が2面、テニスコートが3面、陸上トラックが1面あります。
普段は、スポーツを楽しむ方がいたり、バーベキューの出来る場所としても人気があるようです。
お花見の季節にはこんな感じでキレイな桜も見れます( ´ ▽ ` )

最近、ネットで淀川花火の穴場として紹介されることが増え、年々人が集まってはきているようですが、なんといっても広いので十三河川敷や梅田で見るよりも断然ゆっくり見ることができます。
水中花火は少し見えずらいかもしれませんが、打ち上げ花火はバッチリ見えますよ☆

早く行って場所取りをする心配もないようです。
シートを敷くこともできますし、お子さんを連れてゆっくり見たい方には特にオススメです!

トイレも公園内に3つありますし、花火大会当日は簡易トイレが高架下にたくさん並ぶようなので、お子さんのトイレの心配もいりません☆お酒を飲んでも大丈夫です!
十三側で見ていると、トイレに行くのもおおごとですもんね(;▽;)

また、駐車場も最大86台停めることができます。
到着するまでに混む可能性は大ですが…(?_?;)

飲み食いしながら見たいという方は、海老江駅から向かう途中にウィステというショッピングモールがあります。
その中にイオンが入っていますので、お酒やおつまみをしっかり蓄えて向かいましょう☆だいたい駅から5分くらいです。

【車で向かう場合】

国道2号線の尼崎方面より、淀川大橋南詰め交差点を左折します。

淀川大橋を渡ったら、左!です。

大阪方面から来る場合、淀川大橋南詰め交差点を右折することはできませんので注意してくださいね!!

【電車と徒歩で向かう場合】

JR海老江駅、阪神野田駅、地下鉄野田阪神駅からそれぞれ徒歩10分くらいで到着します。

淀川大橋南詰めの交差点まで来たら、そこを右に曲がります。

ちょっと歩くと階段が出てきますので、その階段をグランドの方に降りてください。

真っ直ぐ行きすぎると、駐車場に行ってしまいますのでご注意ください☆

○まとめ

今回は、淀川花火を楽しむための穴場、淀川河川公園海老江地区の情報をご紹介しましたが、いかがでしたか??
他にも、公園まで足を運ばずに海老江駅で見ることもできるみたいですよ。
でも、せっかくならシートを敷いてビール片手にのんびり見たいですよね( ̄∀ ̄)

色んな地区の穴場を調べていて、この海老江の淀川河川公園が無料の場所の中で一番いいかもしれないと思いました!!
ぜひ参考にしてみてください(*^ー^)

 

 

福島の穴場情報はこちら!(coming soon)

梅田の穴場情報はこちら!

中津の穴場情報はこちら!(coming soon)

南方の穴場情報はこちら!(coming soon)

新大阪の穴場情報はこちら!(coming soon)

尼崎の穴場情報はこちら!(coming soon)