肌年齢48歳と言われた私が一気に20代まで若返った理由!!

「キレイでいたい、若くいたい」

これは女性であれば、少なからず誰しも思うことですよね☆
しかし、お肌は年齢とともに確実に歳をとっていき・・特に肌年齢を若返らせるって簡単ではなくて・・
どれだけ願っても何もしなければ、歳をとった分そのまま顔や身体に色んなことが起こってきます。
20代…30代…40代と年齢が上がるに連れて、それは加速してきますよね。
辛い…辛すぎます…( ; ; )

でも、お互いまだあきらめないでおきましょう!
あきらめたら、そこで試合終了です!

一緒に、年齢に立ち向かいましょう☆

 

 

これからお伝えするお話は、わたくしくるみが実際に体験した出来事でございます。
参考にしてくださいなんておこがましいことは思っていません( ´ ▽ ` )
こんなこともあるんだなぁーと笑って読んで頂けたら嬉しいです☆

 

【え!?今、なんて言いました!?(((;゚Д゚)))】

10代後半~20代前半の頃は、夜ふかしをしても何の問題もない。

メイクをしたまま寝たらまずいことは知っていながらも、そこまで影響がないからやってしまう。

化粧水なんて何つけてても、乳液やクリームはつけなくても、特に変化もない。

スッピンの方がかわいいなんてことが起こる。

 

25歳を過ぎアラサーに片足を突っ込んでからは、少し肌の変化を感じ始める。

夜ふかしをする時には、次の日の肌が気になり始め、化粧水や化粧品もちょっと選び始める。

スッピンで外に出ることに抵抗があると感じるようになり、メイク姿をいつも見てる人からスッピンを見られ、

別人と言われることがあるが、それでもまだ深刻ではない。

 

そして…月日は経ち…

 

28歳の誕生日を迎えたくるみが、ドラッグストアの化粧品コーナーにふらっと立ち寄ったある日のこと…

 

『お客様、肌年齢のチェックってされたことありますかーー??(^o^)/
無料でチェックできますが、されてみませんか??』

化粧品カウンターのお姉さんから声をかけられた

ふぅーーーん、肌年齢のチェックかぁ…

昔から、肌はそんなに荒れたりする方ではなかったので、正直別に悩んでもいませんでした。
悪い結果だったとしても、年相応でしょーと軽い気持ちでお願いしてみたのです…

 

『じゃ、じゃあせっかくなんでお願いします!』

 

化粧品カウンターに座り、機械を肌に当てられる…ピッ

 

その次の瞬間、私は耳を疑いました。

 

『あら、お客様…48歳ですねーーーーー』

 

は????今、なんて!?

 

『へ…?48歳ですか?????( ̄▽ ̄;)』

 

マジでーーーーーーー!!!!!
うそでしょ!?
測り間違いじゃないのーーー!!!!!
そんな不摂生な生活をしてる気もなかったし、信じられない。。。
え、結構ショックなんですけど…(;▽;)

化粧品カウンターのお姉さんは続ける…

『お姉さん、色が白いから色々紛らわされてますよねーーー』

 

え、結構失礼なんですけど…(;▽;)
確かに色は白い方やとは思うけど、色々紛らわされてるってなにーーーーー

 

それから化粧品カウンターのお姉さんは、私に色んな商品を勧めてきたかとは思いますが、もう私の耳には届かない…

 

家に帰り、鏡を見つめ、ため息…
確かに昔はもっとピチピチしてたし、何かそう言われてよく見てみたら、くすんでる気がしてきたー…
こんなとこにシミあったかな…
ほうれい線のシワ、深くなった気がする…
最近、化粧のノリが悪いのも化粧品が合ってないんかなと思ってたけど、えーーー…まさかの老化…?(°_°)
自分ではそんなに歳をとったっていう自覚なかったけど、ちゃくちゃくと老化が進んでいることを自覚してしまいました。

 

それからというもの、スッピンの自分の顔を見るのが嫌…

人に顔をじっと見られるのが嫌…

人の目を見て話せない…

などなど、なかなか悩みました。。

【悩んでたって何も変わらない!わたしはあきらめない!】

ある日私は思いました!!!

『このまま、ぐだぐだして時間だけ経って、くそバ◯アになっていくのだけは嫌や!

ただこうやって悩んでても肌がキレイになっていくことは絶対ないし、どんどん肌の衰えを隠すために厚化粧になっていって、もう取り返しがつかなくなる。

まだ20代の今、やるべきことがある(T ^ T)』と。。

 

そう思った私は、美容に詳しい人のアドバイスを聞き、言う通りに実行!
自分でも色んなことを試し始めました。

 

そしてそして、ついに迎えた30歳…。
女は20代が華と周りの人から言われ続け怖れていた、30代に突入いたしました。
先輩からはこっちの仲間入りだねと笑われ、後輩からはついになっちゃいましたねーとからかわれたり、若く見えるから関係ないですよーと気を使われたり…はぁ…切ない。。

 

もちろん、30を過ぎてもキレイな人やかわいい人はいますよ!!
女優の石原さとみさんだって、綾瀬はるかさんだって30とか31とかわたしと同じくらいやもんねーー( ̄^ ̄)
え、女優さんと比較するなというお声が聞こえますね…すみません…笑

 

でもでも当たり前やけど、年々周りに自分より年下が増えてくる…20代前半の若い子が増えてくるm(_ _)m
そうすると、周りの自分に対する対応も見る目も少しずつ変わってきて、嫌でも自分が歳をとったことを感じずにはいられません…

 

いや、そう感じることは感じてしまうんだから仕方ない!
でも私は私で自分なりには老けない努力をしているつもりでいました。

 

そんなある日、ファンデーションを買いにドラッグストアに行きました。
いつも選んでいる資生堂のマキアージュのファンデーション。
色味を迷っていると、化粧品カウンターのお姉さんから再び声をかけられました。

 

『お色みましょうかーー??』

 

私は、一応見てもらうかと思って、お願いしますとカウンターに座った。

その時、2年前の光景が頭の中をよぎった。
あ、肌年齢あれから測ってなかったな…
48歳って言われてから、自分なりには色々やってきたけど、もしももっと悪くなってたら、かなり凹むなーーーー…どうしよう。
いや、でも…

 

『すみません、ついでに肌年齢も見てもらうことできますか??』

 

現実を見ないとね!と思った私は、思い切って店員さんに言った。

 

再び、機械を肌に当てられて…ピッ

 

『えっと、28歳ですねーー』

 

ん??

(・Д・)

『え!28歳ですか!??』

『はい』

ちょっと待ってーーーーーー♪
若返ってるーーーー!!!
やったーーーーヽ(;▽;)ノ☆☆

 

ということがあったのです。

さて、わたしはこの2年間何をしたのでしょうか…

そして何を今も続けているのでしょうか…

そんな特別すごいことや、お金かけてるとかじゃないですよ!!

お金ないですもん…泣

 

確かに30歳になり、周りの若い子と比べると歳を感じ始めた今日この頃だけど、
でも、わたしはあきらめませんでした!!!

これから、40になろうと50になろうと、あきらめません!!!

だから、皆さんにもあきらめてほしくないんです(^^)

2年後、3年後、10年後も今の肌をキープ、いや、よりキレイになるために出来ることはやりましょう☆

 

 

では、わたしが何をしたのか、それについてはこちら!!!

くるみでした☆